亀裂

想ってるくらいに見てくれていないんじゃないかと、思って、それが杞憂だったと知るときに吹く風は、もう、亀裂を冷やし始めている。敵の気配にも似た不安たちは、自分のなかに棲みついているっていうことを。