明日、今度

明日、とか、今度、とか。
未来の言葉を多用します。それは土曜日の放課後に似たご褒美。そこまでは生きていけそうな気がするのです。約束があれば生きられる。